仮面ライダーキバのすべて
スポンサード リンク
スポンサードリンク

第13、14話のゲスト、神保悟志

仮面ライダーキバのすべて 仮面ライダーキバのブログ」にようこそ!管理人の「おやっさん」です。
よろしくお願いします。


神保悟志(じんぼ さとし)さんを紹介します。

第13、14話で三宅徹(ライノセラスファンガイア人間体)を演じました。

神保悟志プロフィール
生年月日:1962年12月3日
出生地:静岡県
血液型:A
身長:177cm
体重:70kg

神保悟志さんは、ライダーファンならご存知、「龍騎」の香川教授役を演じてました。

はじめは変身するとは聞いてなかったようで、オルタナティブ・ゼロに変身することが決まったときは喜んだそうです。

また、刑事ドラマ「相棒」にも出演されています。
大河内春樹という役ですが、ネットでは「ピルイーター」とか「ラムネ」とか言われてますね。(笑)

「牡丹と薔薇」では牡丹の父親役でした。

奥さんは元宝塚雪組トップ娘役の鮎ゆうき(あゆ ゆうき)さん。
とってもキレイな人です。
うらやましいね。

神保悟志の出演作品





のことなら「仮面ライダーキバのすべて」でどうぞ!
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:熊井幸平
次の記事:高原知秀
【仮面ライダーキバ プロローグ】
それはバイオリンをめぐる、父と子の物語…
今回の敵は人類のライフ・エナジーを餌として生きているヴァンパイア一族のファンガイア。
そのファンガイアと戦うのが、父親から引き継いだ工房でバイオリンを製作している紅渡だ。
ベルトの力で仮面ライダーキバに変身するが、なぜ自分が変身できるのか、なぜ自分が戦わねばならないのか、今はわかっていない。
しかし、実はファンガイアと戦っていたのは渡だけではなかった。
22年前、渡の父・音也もすでに当時から超虜跋扈していたファンガイアと戦っていたのだ。
それぞれのキャラクターがそれぞれの時代を生き、物語は進行していく。
2つの時代を知る人物はたった2人…。
ファンガイアハンターを組織化した嶋と22年前から営業していた喫茶店「カフェ・マル・ダムール」のマスター木戸だけ。
2つに時代に翻弄される人々の運命のカギを握るのは、この2人と父が残したバイオリン…!?

〜TV朝日 仮面ライダーキバ公式サイトより
スポンサードリンク
仮面ライダーキバグッズ
「仮面ライダーキバ」の関連グッズ、全部持ってますか?

アマゾンでチェック!>>コチラ
楽天でチェック!>>コチラ

powerd by Amazon360
PR
powerd by 楽市アド360
楽天ウェブサービスセンター
このサイトについて

このサイトは、2008年の仮面ライダー新シリーズ「仮面ライダーキバ」について、ネタバレ新情報、キャスト、解説、関連グッズなど、あらゆる情報を掲載する仮面ライダーキバファンサイトです。
「キバ」は「KIVA」とつづりますが、「KIVA」とは「KING OF VAMPIRE」の略です。

仮面ライダーグッズ
特撮ヒーロー・ドットコム


ブックマークに追加する

ランキングにご協力お願いします。
   ↓↓↓
banner_01.gif

管理人「おやっさん」にメールは
メールフォームより
お願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT






  • seo